Y-biz 山形市売上増進支援センター

相談・支援事例 Consulting Cases

支援事例<鈴木鋳造所さん>「ペット供養」に新たなサービスを。創業100年、鋳物製造で培った技術で愛犬・愛猫の肉球を再現したレリーフを製作します。

仏像や門扉などの寺院仏閣向けの鋳造品や、大型のモニュメントなどの製造を行っている鈴木鋳造所さん。ゆえに、これまで企業や団体からの製造の依頼がほとんどでしたが、現在、創業から100年以上という長年培った技術を用いてBtoC分野への製品展開をはかっておられます。そんな鈴木鋳造所さんがこの度、新たに「ペット供養」にまつわるサービスを始められました。
近年は、家計のペット向け支出額が拡大傾向にあり、家族の一員であるペットが亡くなった後も、寺院で供養をしたり、墓石を建てたりする飼い主が増えてきています。
このようなことから、同社では、凹凸や立体を再現するのに非常に優れている鋳物で、愛犬の肉球を再現し、一つの「ペット供養」として使ってもらえるサービスを開始されました。

四本の脚の肉球を鋳物で再現。足跡から元気に歩く姿を思い起こすことができそうです。
肉球を真鍮で再現して磨き上げた文鎮。

サービスは、鈴木鋳造所さんからお客様へ鋳物の型を作る際に必要な粘土を送り、愛犬や愛猫の肉球をとってもらった後に返送していただき、それをもとに鋳金を作成するという流れでご利用いただけます。
鋳金は、愛犬や愛猫が元気な時に自宅に飾るのも良いですし、同社で保管し、愛犬の死後連絡を受けてから記念碑などにすることも可能です。

愛犬の元気な姿が浮かんでくるような肉球レリーフを、いつも近くに飾っておくことができます。
もちろん、愛猫の肉球でもサービスの利用が可能です。

なお、10月9日(日)に湯沢市で、シニア犬の健康とペット供養を焦点にした「ペットの終活イベント」が開催され、鈴木鋳造所さんの出展が決定しています。
当日は、商品やサービスの紹介だけではなく、元帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授・大辻一也さんから「ペットを元気に長生きさせる食事」をテーマに講演していただいたり、ペット供養を実際に行っている誓願寺副住職の方からの「ペット供養相談」も行われます。
ペット向けのサービスは多様化しているものの、シニアペットの健康や終活関連のサービスや商品、イベントはあまり表だっていないように思います。
大切なペットの健康と、いつか訪れる別れの時について考えてみる良い機会かもしれません。ペットと一緒に来場できますので、関心のある方は、ぜひお出かけください。

【Happy end-of-life ペットちゃんのための健康と終活を考える】
日時:10月9日(日)10:00~15:00
場所:誓願寺 秋田県湯沢市下院内新馬場158
※事前予約不要、来場無料
https://happyendoflife.wixsite.com/happy-end-of-life

長年の技術力を活かしたBtoC製品を模索していた鈴木鋳造所さん。月一回、Y-bizで相談対応をしてくださっているゆざわ-Bizの藤田センター長とディスカッションを重ね、本サービスの企画段階からご支援していただきました。
サービスが固まってきた際には、藤田センター長より、ペット供養に力を入れている湯沢市の誓願寺さんにヒアリングをしていただき、どういったサービスが愛犬家・愛猫家にとって響くのか、ご意見を参考にしながら製品にフィードバックしていきました。

※11/1追記【メディア掲載】
10月16日 朝日新聞21面(地方)https://www.asahi.com/articles/ASQBH7RDRQBDUZHB005.html
10月31日 山形新聞17面(地域)

家族の一員である愛犬・愛猫の避けては通れない「供養」のこと。
大切な愛犬・愛猫だからこそ、今の姿を映す可愛らしい肉球を、鋳物で形にしてみませんか。
同サービスのお申込みや問い合わせは、鈴木鋳造所さん(TEL:023-622-0425)までお願いいたします。

■株式会社鈴木鋳造所
山形市銅町1-5-26
023-622-0425
https://suzuki-chuuzousyo.co.jp/

月別アーカイブ

2022年4月1日より、ブログをHP内に移行しました。それより以前のブログはライブドアブログからご覧ください。
https://y-biz.blog.jp/