Y-biz 山形市売上増進支援センター

相談・支援事例 Consulting Cases

支援事例<サンカさん>花束をもらった時の感動までキレイに残せる「花束保存」サービス。 結婚式シーズンの今、再注目です!

徐々に日常の生活が戻ってきたように感じられるこの頃。結婚式といったイベントも少しずつ動き始めてきています。そのようななか、ドライフラワーやボトルフラワーの製造・販売を行っているサンカさんの「花束保存」サービスに改めて注目が集まっています!
同サービスは、お客様が持ち込まれた花束で、世界に一つだけのオリジナルボトルフラワーを制作するもの。

花束を長く楽しむ方法として、ドライフラワーがありますが、半年ほどで花が茶色くなったり、くすんでしまったりと、楽しめる時間が限られています。そこで、サンカさんはドライフラワーをガラスに密閉するボトルフラワーの技術とノウハウを活かし、昨年の実店舗オープンのタイミングから、「花束保存」をメニュー化し、サービスの提供を始められました。

「花束保存」サービスは下記のブログでもご紹介しています。

https://y-biz.blog.jp/archives/27420023.html

「花束保存」サービス一例。これまでの制作事例は、Instagramの#sanka 花束保存からご覧いただけます。

直射日光を避けて保管すれば、約5~10年は鮮やかな色を楽しむことができるとのこと。ボトルフラワーを見る度に、花束をもらった時の気持ちも、ふっと蘇って心が弾みそうですね。

実はこの「花束保存」、これまでもご依頼があれば対応されていたことでした。

Y-bizでは、この「花束保存」がサンカさんのサービスとして可視化されていないことに着目。サンカさんの強みが活きる実店舗オープンに向けて、ディスカッションしているなか、サンカさんの特徴をより際立たせるため、「花束保存」についてもWEBサイトInstagramで積極的に情報発信を行って、サービスを見える化するようアドバイスいたしました。以降、注文方法やよくある質問の記載、今までのサービス事例がひと目で分かるような発信の工夫を続けられ、フォロワー数も増加。安心感と認知度が増し、依頼増加に繋がっています。

今後もサンカさんでは、さらに沢山のお客様の「大切な花束をもっと長く楽しみたい。保存したい」という声に応えていきます!

なお、「花束保存」のご注文は、電話やInstagramのDM、WEBサイトから事前にご連絡の上、来店をお願いいたします。花束を受け取ってから、2、3日以内のお申込みであれば、キレイな仕上がりになるので、ウエディングブーケや誕生日のお花、プロポーズのお花など、大切なお花を長く楽しみたい方は、お早めにサンカさんまでご相談ください。

■株式会社サンカ

山形市西田3-12-2

023-645-5369

https://bottle-flower-sanka.jimdofree.com/

オンラインショップ:https://sankaflower.theshop.jp/

インスタグラム:https://www.instagram.com/sanka_bottleflower/

月別アーカイブ