私たちがサポートします
  • センター長

    とみまつ のぞみ

    富松 希

    1975年広島県生まれ。2000年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。同年、総合電気メーカーに入所し、ITを使ったコミュニケーション支援の研究に従事。 
    その後、ベンチャー系コンサルティングファームを経てカナダ留学。西海岸の都市バンクーバーにある州立ブリティッシュ・コロンビア大学にて新サービス開発やブランディングへの造詣を深める。 
    帰国後、2009年から大手ガス会社グループのITコンサルティング企業で企画・マーケティング業務に従事。マーケティングの社内第一人者として施策の企画・運営・実施を取りまとめるほか、後進の育成にも携わる。自社技術を活かした新規事業立上げや海外製品の国内展開に実績を有し、技術やノウハウに着目した事業支援を得意とする。 
    2018年 Y-biz初代センター長に就任。
     
    ベンチャーから中堅、大企業、そして海外生活で培った異文化コミュニケーション力を活かし、山形の方々の思いを丁寧に汲み取り、良さを引き出し、売上増進へのアイデアへつなげたいと思っています。
    趣味はヨガ。映画や絵も好きで、山形では映画鑑賞やビエンナーレに代表される美術関連のイベントへ参加することを楽しみにしています。
     

  • プロジェクトマネージャー

    おのえ ゆうすけ

    尾上 雄亮

    1976年大阪府生まれ。京都産業大学経済学部卒業後、大手広告会社に入社。TV、新聞、雑誌、ラジオなどあらゆる媒体の企画営業経験を積み、世界最大級金融グループ傘下の保険会社のブランディングにも関わる。誰もが自由に情報の受発信ができる時代を迎え、WebサイトやSNS、パブリックリレーションズなどを効果的に組み合わせる経験も重ねる。
     
    直近は老舗印刷会社で高度な技術を活かした1枚からオーダーができるスマホケースブランドの育成に従事。同時にOEMの受注活動をリードし、日本を代表する流通グループやプロ野球チームなどを新規開拓。その数は3年連続事業部内No.1に。
     
    2016年に中小企業診断士を取得し、商店街や小規模企業の支援、大学や創業塾の講師などを経験。同年城西国際大学大学院経営情報学研究科修士課程を修了。「BtoCものづくり中小企業における狙いのブランディングの実践について」を論文にまとめ研究科の総代に選ばれる。
     
    2018年、Y-bizプロジェクトマネージャーに就任。
     
    趣味は旅行、野球(観戦)他多数。この3年で44都道府県を訪れ、市街地や地元のスーパーを探索することをライフワークとし、お土産にご当地ソースやマニアックなドレッシングばかり買うので家族に困られることが多い。
     

  • ディレクター(事務長)

    ほりの みずき

    堀野 水希

    1982年山形市生まれ。東京大学教育学部卒業後、山形市にUターンし、07年に地元地方銀行に入行。支店勤務を経て、本部にて経済調査を約5年担当し、県内の多数の企業を訪問。中小企業の魅力と可能性を感じ、中小企業支援に関心を高める。
    14年第一子出産を機に退職後、税理士事務所での勤務を経て、志ある中小企業や起業家の力となり子どもたちが生きていく地域を明るくしたいとY-bizディレクターに応募。
     
    スポーツが好きで、大学まで体育会バドミントン部に所属していた。趣味はグルメ巡り。2児の母として子育てに奮闘中。

ご相談予約はコチラから

Y-bizは山形市ビジネスサポート協議会が運営しています。

山形市ビジネスサポート協議会 構成員